キリム・ラグのお手入れ

キリムの普段のお手入れ

一週間に一回位は、掃除機でホコリやゴミを吸い取って下さい。一年に1〜2回、外に干してホコリをはたいたり、しっかりしぼった雑布で表面をキュッキュと拭いて下さい。ウールの艶が出てさっぱりとした“表情”を見せてくれます。

キリムは水洗いで

キリムは基本的には天然染料を使っていますので洗うと色が出ます。湯をかけるとにじみますので、必ず水で洗って下さい。シルク、ウール共に水でそれは充分に落ちます。風呂場で広げて踏み洗い、又はブラシで洗いましょう。

1.ウールには塩を

塩は色落ちを防ぎ、自然な色に仕上げてくれます。目安の量は、ウールキリム(1畳大)=ウール用洗剤大サジ2〜3杯+塩大サジ2〜3杯。中性洗剤は色がにじみ出るので禁物です。

2.シルクには酢を

酢も色落ちを防ぎ、しなやかに仕上げてくれます。酢の量の目安は、シルクキリム(1畳大)=ウール用洗剤大サジ2杯+酢大サジ1杯。中性洗剤は禁物。

太陽に干しても大丈夫

洗い上げたら、形を整えて干す。日なた干し、陰干しどちらでもかまいません。

ギャッベとフォークラグの普段のお手入れ

掃除機をこまめにかけましょう。よほど汚れた場合は、キリムと同じですが、掃除機をこまめにかけるだけで、殆どの汚れやホコリはとれます。

汚れとりにも塩が重宝

紅茶、コーヒー、インクなどこぼしたら、すぐに汚れの上に塩をかぶせて水気を吸わせる。乾いた布でつまんで取除き、下に乾いた布、上に濡れた布を当てて上からたたいて拭きとる。小さいキリムなら、すぐ水で洗うのが一番です。

ドライクリーニングは避けましょう

キリムの素材は、ウール、シルク、コットンの天然素材で、染料も基本は天然です。ドライクリーニングは化学薬品を使って汚れを落とすわけですから、薬によってウールやシルクが弱くなったり、色が落ちたりすることがあります。できるだけ水で洗いましょう。

キリムのお手入れ